CO2削減のために

コンテナラウンドユース(CRU)

経産省大臣表彰を受けたみなと運送によるCRUの取り組み

 

近年の海上コンテナ輸送では、コンテナラウンドユース(CRU:Container Round Use)の取り組みが進められています。
コンテナラウンドユースとは、輸入貨物の運搬後、空となったコンテナを港に返却せず、内陸コンテナターミナル(インランドデポ)を経由するなどして輸出貨物の運搬にも使用することで、空コンテナの輸送を削減する方法です。

みなと運送つくば支店は、北関東圏内の主要な内陸コンテナターミナルの1つとして、コンテナラウンドユースの取り組みを推進しており、輸送コストの削減やCO2排出量の削減などに貢献しています。

当社のこの取り組みが平成25年度経済産業省大臣表彰を受けました。

RORO船(定期船送船)

陸海の協業を推進するモーダルシフトに対応。RORO船(定期配送船)で無人輸送を行い、お客様のローコスト・オペレーションを実現しつつ、CO2削減に貢献しています。